BAR jagatkana 

1996年より香川県高松市鍛冶屋町にて変わらないスタイルでご愛顧頂いていますバー ジャガト カーナ 〈JAGAT KANA〉 です 季節のフレッシュフルーツカクテル、店主セレクトによる味わい深いモルトウイスキー、クラフトジンやラム、テキーラ、ベルギービールやクラフトビアなどをご紹介していきます お酒にまつわる話や旅行記、おすすめレコード、たまに猫自慢などもアップしてます 

IMG_8329


『金柑のジントニック』のご紹介

今年はブログでのご紹介忘れていて、いつの間にか金柑のシーズンも終盤・・・どうしようかと思っていましたが、昨日今日といい感じの『たまたま』が多めに入荷してきましたので、もう少しの間ジャガトカーナでご提供できそうな『金柑のジントニック』、ご紹介します

『たまたま』と呼ばれる宮崎産の完熟金柑、この時期、スーパーなんかで見かけるとよく買います ジントニックにしたり、ジン、ラムなんかをを飲みながら丸ごとかじったりするのが好きですね 

IMG_8324


『たまたま』は温室栽培で、開花結実から210日以上を経過、糖度16度以上、サイズL以上の大きさの品質基準を設定、樹上で金柑を完熟させる事により、甘さのある美味しい金柑に仕上がるそうです

『金柑のジントニック』は、この『たまたま』をすりつぶして皮ごとグラスに香りを移し、ジントニックに仕上げています
薄く小さい種を取るのが少し厄介・・・除け忘れでうっかり入ってることもあるかもしれません・・・

金柑はやはり皮の甘酸っぱい感じが旨さの真骨頂だと思いますので、『金柑のジントニック』はピックを添えてサーブします 是非金柑をかじりながらのジントニックを楽しんでください

FullSizeRender


毎年、楽しみにして頂く方も多い桜の味わいのチーズ2種類届きました

まずは十勝平野、新得町にある共働学舎新得農場で造られる「さくら」

桜の花の塩漬けがチーズの上にちょこんとのった可愛いチーズ 約2週間の熟成でほんのりと桜の風味が香るさっぱりとした優しいお味です このチーズの生みの親、「共働学舎新得農場」を経営する宮嶋望氏は、手間暇かけて造られるヨーロッパの田舎のチーズに魅せられ現地に何度も足を運ぶようになりました 現地の生産者とも親交を重ねるうちに、“ヨーロッパで開催されるチーズコンクールで勝負しないか”と誘われ、他国にはない「さくら」を出品したところ、2003年フランスで開催された「山のチーズのオリンピック」で見事銀メダルを受賞、さらに翌年2004年のスイス大会では見事金メダルを受賞したのです このニュースは日本のチーズ業界に大きな衝撃を与えました。その後も、世界的に権威のある食品品評会「モンドセレクション」で2006年に金賞受賞、2007年に最高金賞受賞、更に2007年「山のチーズオリンピック」ドイツ大会にて金メダル受賞 と数々の快挙を成し遂げています

そして、イタリアピエモンテでつくられる『ラ・ロッサ』

こちらは山羊乳でつくられるシェーブルタイプのチーズを桜の葉の塩漬けで包んだチーズです

和菓子を思わせる桜葉に巻かれ赤いリボンで結ばれた姿 爽やかな シェーヴルと桜の香りが見事にマッチした味わい ピエモンテ産の 桜葉から移る香りも芳しく、塩味もほどよく効いています ロッカ ヴェラーノやチットなど山羊のチーズで定評ある、S.L.P. 社・コー ラさんの真心のこもった春の贈り物です スパークリングワインや ロゼワイン、日本酒など春に活躍するお酒にもぴったりです

どちらも数量限定、この時期だけの入荷になります チーズの盛り合わせでお出ししていますが、ご希望の方はご注文の際お伝えいただくと確実に盛り合わせの中に入れてお出しできます 

ご希望がない場合は、ドリンクの内容やその日のおすすめチーズなどからこちらで盛り合わせ内容を決めさせていただいてますので、こちらの2種に限らずご希望のチーズがある場合はご注文の際にお伝えください

またこちら『さくらのチーズ2種盛り合わせ』でもお出ししていますのでぜひお楽しみください

IMG_8241


オレゴンでつくられる、ターミナルグラビティーIPAです 

グレープフルーツ、土っぽさ、紅茶のような香り ホップもしっかりと効いていますが、モルティな厚みもしっかりとある飲みごたえあるビールになっています モルトの味わいがしっかりとしているためIPAとしては甘みも結構感じますね






IMG_8215


山形、天童のラフランスがたっぷり届きました

冬の人気フルーツ、ラフランスです が、毎年この時期になると香川のスーパー、八百屋さんでは入荷しづらくなります なので、ここ最近は山形から取り寄せしまして3月までラフランスのカクテルをご提供できるようにしています

今日届きましたが、大ぶりでおいしそうなラフランスです まだ少し硬いので何パターンかで追熟させて食べごろ、カクテルにしごろの状態でお出ししたいと思います 

IMG_7531


ウォッカと合わせた飲みやすい『ラフランスのカクテル』
カヴァと合わせた『ラフランスのエスプモーソ』
シャーベット状に仕上げ、冬も人気のフローズンスタイル『ラフランスのフローズンカクテル』
ジンをしっかりと効かせた『ラフランスのフルーツマティーニ』

どれもジャガトカーナの定番人気カクテルです ぜひどうぞ

IMG_8239


イタリアで1986年からつくられるイタリアンクラフトビア、バラデンのトラピストタイプです

ベルギーのトラピストビールからヒントを得て開発された『バラデン スーパービターです』

輝かしい琥珀色で、バナナやアーモンドを連想させる甘美な香り持ち、ドライフルーツのような甘みとホップの力強い苦みのバランスにバラデンらしさが表現されています 瓶内二次発酵です

IMG_7421


バックストックより・・・

個性的なラベルのものを多くリリースするドイツのボトラーズ、ジャック・ウィバースの海賊犬をおチーフにしたアイラのヴァテッドモルトです 

裏ラベルを見ると "CARL ISLA " "LEE FROG"の文字が見えます これは少し綴りを変えてますがカリラとラフロイグのヴァッテイングによるものであることの説明だと思われます ボトラーズモルトには、蒸留所との契約の関係から蒸留所名を明記できないため、こういったヒントぽい表示にしてあることが結構あります 

鼻に抜けるスモークとヨード香が心地よく、また8年と若い原酒ならではのパワフルな味わいはアイラ好きの方におすすめしやすいもので以前開封したものは結構すぐ無くなった記憶があります

IMG_7422


ビーグル犬?でしょうか?かっこよくポージングしてますが、中々似合ってますね うちの番犬、クリコにも結構似てるんで気に入ってるラベルです

アイラモルト好きの方、おすすめですよ

 

ボトラーズモルトらしからぬ、細部も非常にこだわった綺麗なラベルなので、是非ゆっくり眺めながら飲んでいただきたいですね 



IMG_7359


アイラ島のブルックラディ蒸留所が造るヘビリー・ピ―テッド・ウイスキー、『ポートシャーロット』ようやく10年熟成のものがレギュラーアイテムにて出回るようになりましたので、ジャガトカーナでも初ポートシャーロット、仕入れました

IMG_7360


・フェノール値 / 40PPM、50度詰めになっています
インバネス産のモルトのみを使って作られ、熟成樽の構成比はファーストフィル・アメリカンウイスキー樽 65%、セカンドフィル・アメリカンウイスキー樽 10%、セカンドフィル・フレンチワイン樽 25%

アイラ島の湧き水を使って加水調整され、ノンチルフィルターにてボトリングされています

ヘビーピートでスパイシーなモルトが飲みたいときにおすすめの一本です

IMG_7984


グレングラント22年です シグナトリーのボトリングで

1992・04・22蒸留、2015.01.14ボトリング 

ホグスヘッドで熟成 51.8%で254本詰められています 

洋梨、青りんごの香りの広がる、ミディアムで飲み口の良い仕上がり ヘーゼルナッツのようなナッティな香りもあります  フィニッシュにハチミツの甘さとスパイスのドライさを両方感じます

甘くてビターなグレングラントです

IMG_7985
  

IMG_7966


『リエーヌ ウッディー』

バレルエイジド・サワーエール!

作り上げたビールをウイスキー用に作ったオーク樽に入れ、半年以上熟成させたビールです

心地よいオークの香りに、樽熟成特有の程よい乳酸の酸味、瓶内二次発酵によってまろやかさが加わり、7.5%のアルコールを感じさせない飲みやすさを実現しています

リエーヌ醸造所は2013年春にNicolasとMelissaResimontによって設立された、リエージュとルクセンブルクの間にある、ベルギーのアルデンヌ地方の美しい地域の中心部に設立された、小規模の醸造所です

IMG_7887


ベルギー アビイタイプの伝統的な味わいのブラウンエールです

西フランダース地方のフランスとの国境沿いにあるオメールヴァンデルギュンステ醸造所でつくられます

アビィ麦酒を守り続ける味わい 軽い甘さとフワッと柔らかしロースト香に桃やメロンの風味が加わった昔ながらの味わいです

1854年からレシピを受け継ぎ造り続けられています 販売開始わずか1年で2014年の国際大会で銀賞を受賞

やや浅めにローストされた麦芽のふくよかな旨みとチョコレートを思わせる甘い香り、コクがありながらフルーティーな余韻も楽しめます

味のバランスの良さからオメールのブラウンタイプとも言われており、様々な料理とのマッチングも万能です

IMG_7919


暖冬気味で12月中はあまりオーダーの無かったホットカクテル・・・

寒さがきつくなってきた先週ぐらいから、皆様にオーダー頂くようになっています

毎年この時期は、ホットカクテルで最初の一杯目、という方が多いです また、締めの一杯にという方も結構多いですね 

飲みやすいカクテルですと

ホットミルクのカクテル(ホットカルーア、ホットティフィン、ホットグリーンティなど・・・)

ホットレモネードのカクテル(ホットカシスレモネードなど)

お酒好きの方に人気なのは

生姜をたっぷり搾り自家製ジンジャーシロップを使った『ホットジンバック』

しっかりめの味わいの日替わりグラスワインを使って作るホットワイン『ヴァンショー』

濃いめのドリップコーヒーにアイリッシュウイスキー、ホイップの『アイリッシュコーヒー』

スコッチ、スイートベルモット、ビターにアルザスのグリオッティーヌを沈めた『ホットロブロイ』

などです

またノンアルコールのホットカクテル、ホットドリンクもご用意しております


IMG_7968


大ぶりで、旨味しっかりの伊予柑、お客様の馴染みの作り手さんの伊予柑を送って頂きました!

この時期は伊予柑をはじめ和柑橘がジャガトカーナで活躍する時期 それぞれの柑橘に魅力がありますが、伊予柑も人気のフルーツの一つです 

フレッシュオレンジを使うカクテルのアレンジとしておつくりしています

伊予柑のオレンジブロッサム

伊予柑のスクリュードライバー

伊予柑のファジーネーブル

伊予柑とパッションフルーツのカクテルなどなど・・・

甘くて少し酸味、ジューシーな伊予柑はどのお酒とも相性いいですよ ぜひどうぞ





IMG_7764


お馴染みバラストポイントの2019年リリースの限定醸造のIPAです スカルピンと同じようなラベルでデザインですがスカルピンではなくスカルが描かれています

『IPAのさらなる可能性を追求した限定ビール シトラスや草原の香りに、軽やかボディながらジューシーな味わいと、程よい苦味、「ブリュット=辛口」という名の通りキレのあるドライな味わいが特徴です』とのこと

通常のバラストポイントのIPAよりもよりドライ目に仕上げられているようです 




 

IMG_7150


あけましておめでとうございます ジャガトカーナは今年も一月二日より通常通り営業しております 街中でのお集まりなどの際はぜひご利用下さい 2020もジャガトカーナをよろしくお願いします

IMG_7722


かっこいいブラックパンサーがラベルにプリントされたインペリアルスタウトが入荷しました!

ブラック{C}は、無濾過・非加熱のインペリアルスタウトです

IMG_7720


コーヒーやカカオのような風味がすばらしく、ローストから発生する苦みも、IBU55と、
しっかりとした苦みが存在します

インペリアルスタウト、最近ジャガトでも仕入れてませんでしたが寒くなる時期にガツンとくるインペリアルスタウトおすすめです

濃厚で甘みもあり、フルボディの味わいは、ゆっくりと飲むことで、温度による変化を楽しむことができます

ボトルデザインも味わいもインパクト抜群のおすすめベルギービールです ぜひどうぞ

IMG_7664


今年も美味しそうなさぬきひめがいよいよ出回り始めました  

ジャガトカーナではこちらの香川県産のおいしいいちご、さぬきひめを使ったカクテルを毎冬から春まで、季節のおすすめカクテルとしてご好評いただいております

FullSizeRender
 

いちごは季節のフルーツカクテルの中でも、やはり1,2を争う人気のフルーツです 

メニューに掲載の定番カクテルは・・・

  いちごのカクテル・・・・・・・・・・・・・・・・950

 いちごとウォッカを合わせた甘くて飲みやすいロングカクテルです

  いちごのエスプモーソ・・・・・・・・・・・・・・・・・1060

 いちごをカヴァ(スペインのスパークリングワイン)と合わせたカクテルです

  いちごのフローズンカクテル・・・・・・・・・・・・・・1060

 いちごとホワイトラムでおつくりするこの季節のフローズンカクテルです

以上です もちろんベースになるお酒などのアレンジは出来ますのでお申し付けください

IMG_7665


また、季節のフルーツマティーニにも今月より『いちごのフルーツマティーニ』がラインナップされます 『いちごのフルーツマティーニ』は個人的にも好きなカクテルです お勧めですよ


IMG_7527


早生みかんが出回る時期になりました 

早生みかんを使った 人気のカクテルを今年も始めました

『みかんのファジーネーブル』

『みかんのブロッサム』

『みかんのミモザ』

『みかんのスクリュードライバー』などなど・・・

フレッシュオレンジでお作りするカクテルをみかんをたっぷり搾っておつくりします

IMG_7428


みかんは今は鹿児島より送ってもらったものを使用していますが、基本的には香川県産のものを使うことが多いと思います 香川県産だと仁尾の「曽保みかん」など個人的にも好きなものを仕入れてお出ししています

柔らかい甘さの早生みかんのカクテル、秋冬のおすすめです ぜひどうぞ

IMG_7531



少し前に今シーズン初で仕入れてきたラフランスが熟してきました ラフランスは少し固めの状態で出荷されていることが多く、カクテルでお出しするには少し柔らかく香りが出てきてからのほうが好きで、暫くおいていました 

やっと少しずつ食べごろ、カクテルにし頃の状態になってきたので季節のおすすめカクテルに今年も登場です

ねっとりと、そして何とも言えないセクシャルな香りが魅力的なフルーツ 

生食でも美味しいんですが、カクテルとしてより美味しさも際立つんじゃないかと思います

メニューには

『ラ・フランスのカクテル』(ウォッカベースでお作りします) 

『ラ・フランスのエスプモーソ』 (ラフランスのピュレをスパークリングワインと合わせて) 

『ラ・フランスのフローズンカクテル』

『ラフランスのフルーツマティーニ』

また、カルバドスとフレッシュのラフランスを合わせたカクテルなどもおすすめです 

秋から冬にかけてのおすすめフルーツです ぜひお楽しみください

IMG_7356


10年熟成の『オクトモア10年』、入荷しました オクトモアは皆さんご存知、ブルイックラディがつくる超ヘビーピートのアイラウイスキー、現在開栓中のものは『オクトモア エディション07.1スコティッシュバーレイ』5年熟成になります

10年熟成のオクトモア、今回初めての入荷になります ヘビーピート&熟成の楽しみもある興味深いオクトモアです



以下、輸入元資料より・・・

今回が3度目のリリースとなり、またこのオクトモアは過去のエディションへのトリビュートでもあります 過去のリリースである06.2と07.4と同じ原酒を使用しており、原酒はバーボンやコニャック、ポート、またはヴァージンオークという様々な樽で年月を過ごした後、さらに数年の熟成期間を経て、それぞれに変貌を遂げた原酒がひとつにまとめ上げられ単なる足し算以上の比類なきウイスキーへと仕上がりました

蒸留 : 2007年に収穫した麦を2008年に蒸留、100%スコットランド産のオプティック種大麦を使用、フェノール値: 167ppm, ノン・チルフィルター、着色料無添加

熟成 : 全期間:ファーストフィル・ポート樽(37%)、ファーストフィル・コニャック樽(31%)、セカンドフィル・アメリカンウイスキー樽(20%)
ファーストフィル・アメリカンウイスキー樽3年、ヴァージーンオーク樽2年、 ファーストフィル・アメリカンウイスキー樽6年(12%)

テイスティングノート

香り : 豊潤さがあり、チョコレートやタバコ、焚火の煙、革のアロマ ヴァニラカスタード、ブルーベリー、干し草、洋ナシのキャンディ

味わい : あたたかくスパイシー。ホットワイン、革とタバコ、麦芽糖、アイシングシュガー
すべてが土っぽいピーティーな煙に包まれている 舌の上ではドライな印象

フィニッシュ : オークが駆け抜け、ココナッツ、タバコ、ヴァニラ、それからスモーク
樽の中で過ごした時間がスモーキーさを穏やかにしている
フェノールも自然に和らげられ、オーク樽の影響をより素晴らしく感じることで、調和をもたらしている

色 : 美しい黄褐色(トゥニー)

IMG_7358


開栓中の『オクトモア エディション07.1スコティッシュバーレイ』5年熟成とのハーフテイスティングもできますのでお楽しみください

IMG_7419


鹿児島から、かぼす、届きました

かぼす好きなお客様が長年いらっしゃっていただき、実家の方より毎年この時期になると送ってもらってます 四国はご存知のように徳島のスダチ、高知の柚子、と酸味強めの柑橘の名産地ですので、以外とかぼすはスーパー、八百屋さんに出回る量は少ないです  香川ではすだちがこの時期多く出回りますので、食卓にも並ぶことが多いと思います

かぼすはすだちよりも控えめな酸味で甘みとほのかに塩味を感じる味わい 

ジャガトカーナではジントニック、モスコミュール、ギムレット、マルガリータなどレモン、ライムの代わりに使うアレンジメントカクテルとして活躍してくれます

スダチも大好きなんですが、かぼすの独特の酸味も大好きです ので、この時期はどちらをおすすめするか迷いますね

様々なカクテルに合いますので、いつものジントニックをかぼすで・・・如何でしょうか?

このページのトップヘ