BAR jagatkana 

1996年より香川県高松市鍛冶屋町にて変わらないスタイルでご愛顧頂いていますバー ジャガト カーナ 〈JAGAT KANA〉 です 季節のフレッシュフルーツカクテル、店主セレクトによる味わい深いモルトウイスキー、クラフトジンやラム、テキーラ、ベルギービールやクラフトビアなどをご紹介していきます お酒にまつわる話や旅行記、おすすめレコード、たまに猫自慢などもアップしてます 

IMG_6906

シャインマスカット入荷してます 

毎年人気の香川県産シャインマスカットのカクテル、おつくりしています

皮ごと食べれて、香り、味わい共に楽しめるシャインマスカット 巨峰と同じくジンとの相性がいいフルーツです 

ジンベースにシャインマスカット、マスカットリキュールのミスティアを合わせておつくりしています

また、お好みに合わせてフローズンカクテルもおつくりできます 

県産のフルーツでカクテルをお勧めできると嬉しいですね ぜひどうぞ



IMG_6589


フルセイルの変わり種IPAです

ラクトース(乳糖)とバニラを使用したミルクシェイクIPA

エクアノット、ディナリ、コメット、シトラ、カスケード由来の強烈な柑橘&トロピカルフルーツアロマの中に、ほのかなバニラ香 ネクターのような口当たりに、クリーミーなボディ 苦味は少なく優しい甘さの余韻が残ります

IMG_3968


アントワープの中心にあるデ・コーニンク醸造所で造られるトリプル・ダンヴェルスは、そのビールの生まれ故郷であるアントワープ市へ心からの敬意を表したビールです

このビールは『デ・コーニンク・トリプル』の後継として2010年に初めて発売されました

「トリプル・ダンヴェルス」は、フルーティーなアロマと、淡いカラメルのような小麦とライ麦の繊細な組み合わせが特徴の、上面発酵タイプのダークブロンドビールです

この滑らかでソフトなビールは、最初にわずかな甘みを、そして後口にはホップの苦味と果実感の絶妙なバランスを感じられます

バニラとスパイスの風味により、味わい豊かで力強い質感ながらも、驚くほど飲みやすいベルジャン・トリプル・スタイルのビールです

瓶内発酵により、口当たりはスパークリングワインのようです

アントワープ地方の方言では、「欲望に満ちたビール」(een bier vol goesting)と呼ばれており、できるだけ早く一杯と言わず、もっとたくさん飲んでほしいという意味があります

アントワープ市民らしい、ストレートでちょっと生意気な表現ですね

(インポーター資料より)

デ・コーニンクは好きな醸造所 個人的にもたまに飲みたくなります こちらの『トリプル・ダンヴェルス』もおすすめです ぜひどうぞ



IMG_6654


『和梨のカクテル』はじめました

毎年、8月下旬か9月ぐらいからおすすめする『和梨のカクテル』ですが、小ぶりながら瑞々しい幸水梨が入荷し始めましたので今月よりおすすめさせていただきます

幸水梨をはじめに豊水、南水、など赤梨系のジューシーな梨を使い、大分、日田産の日田梨を使ったリキュール、『梨園』を合わせた飲みやすいカクテルです

さっぱりと、アルコール感あまり強くないので、ごくごく飲める美味しいフルーツカクテルですよ

IMG_3970


フルーツランビック、熟成感のある『ブーン フランボワーズ 2014ビンテージ』です

7月の終わりから8月の始めに収穫された木苺を、18ヶ月間熟成させ古いランビックと、熟成の若いランビックをブレンドした100%ランビックの入ったオーク樽の中に約6週間から1年間漬け込ます

フルーツランビックといえば、チェリーを漬け込んだクリークが有名でジャガトカーナでもレギュラーメニューにはクリークを置いていますが、フランボワーズも人気の高いアイテムです 

ビンテージの入っていないタイプでも樽熟期間があるので、熟成感は味わえますが、こちらの2014ビンテージのように瓶熟期間もあるものは、より一層ワインのような熟成からくる旨味、コクを楽しめます

ランビックの酸味や、フランボワーズの酸味も熟成により、柔らかくまろやかに仕上がってきています

瓶熟4年ほどになり、そろそろお勧めじゃないかと思い、セラーより出してきました ぜひどうぞ 

IMG_6588


シングルホップ&シングルモルトのペールエールです

使用ホップは「モザイク」1種類のみ また、使用したモルトもペールエールモルトのみという逆に?珍しいつくりのエールです 4種5種とホップを組み合わせてカラフルな味わいに仕上げるビールが多い中、シンプルにつくられた興味深いエール

スッキリとしていて、苦みもしっかりありますが、IBU26と苦みがそれほど強くない飲みよいビールです モザイクホップのトロピカルな魅力が楽しめるビールです ぜひどうぞ

IMG_6652


徳島産すだちが入荷してきましたので『すだちのジントニック』、おすすめしてます

個人的にも大好きな柑橘、すだち

たくさん入荷してくるこれからの時期は、カクテルにももちろん、色々な料理に使ったりして楽しんでます 暑くて食欲ないこの時期には、酸っぱいすだちをぎゅっと搾るだけで食欲アップ、元気になれる気がします

IMG_6651


もちろんカクテルとの相性もばっちりです ジントニック以外にもモスコミュールやテキーラトニック、ダイキリ、ホワイトレディ、、、と、レモン、ライムを使うカクテルにはどれもすだちを使ってお作りすることができます

暑い日の一杯目にぜひどうぞ


IMG_6593


鹿児島産パッションフルーツ、食べごろになりました!実家から毎年届くパッションフルーツです 個人的にも好きなので、食べたりカクテルにしたりして楽しんでいます

酸っぱくて独特のエキゾチックな香りで、好き嫌いわかれますが、カクテルにすると美味しく楽しめると思います

ホワイトラムをベースに、パッションフルーツを一個、パッションフルーツリキュールを合わせておつくりします 


IMG_6402


こちらの曾於名産のパッションフルーツ、画像は届いたばかりでまだお出しするには早いかな、という感じのつるつる状態 今、少しずつ表面にシワが入ってきて、食べごろになってきました

『パッションフルーツのカクテル』、おすすめです ぜひどうぞ

IMG_6552


ジャガトカーナでも度々ゲストビールとして好評いただいていた『デ・コーニンク・トリプル』の後継として2010年に発売されたビールです 

「トリプル・ダンヴェルス」は、フルーティーなアロマと、淡いカラメルのような小麦とライ麦の繊細な組み合わせが特徴の、上面発酵タイプのダークブロンドビールです

この滑らかでソフトなビールは、最初にわずかな甘みを、そして後口にはホップの苦味と果実感の絶妙なバランスを感じられます

バニラとスパイスの風味により、味わい豊かで力強い質感ながらも、驚くほど飲みやすいベルジャン・トリプル・スタイルのビールです

瓶内発酵により、口当たりはスパークリングワインのようです

アントワープ地方の方言では、「欲望に満ちたビール」(een bier vol goesting)と
呼ばれており、できるだけ早く一杯と言わず、もっとたくさん飲んでほしいという意味があります

アントワープ市民らしい、ストレートでちょっと生意気な表現ですね

(インポーター資料より)


IMG_6553


アルフィーク トリペル ブリューン、初入荷の興味深いベルギービールです


アルフィーク醸造所は、まだまだ、新しい醸造所でビール好きが高じて研究者から醸造家へ転身した、愛と情熱がこもったビールを造っています

この醸造所ではまだアンバーと、このトリぺル・ブリューンの2種類しか造っていませんでしたが、現在では、ホワイトビールとIPAの製造も始めており、新たな醸造所も建設中です


ベルギービールでトリペルといえば、ブロンドカラーで、若干の苦味とコクのあるビールを連想しますが、これは、ダークエールです 濃厚で甘みがあり重厚感もあります

リコリスやアップルマーマレードのようなフレーバーが現れ、さらにはホップの風味も後からしっかり感じられます

ベルギーのとても田舎の村、美しいエルフが住んでいるような深い森の中に醸造所はあります

ラベルには伝説のエルフとその森が描かれており、噂ではエルフの森にすむ小人が作っているビールとか・・・(インポーター資料より)

IMG_6590


バラストポイントのセッションエールです マンゴーが入ったトロピカルなIPA

香りはかなりマンゴーの甘いアロマが広がります 飲むとしっかりホップの苦みが広がる意外性のあるビール 3.8%のセッションIPAですので、暑い日にぐいぐい飲める美味しいビールですよ

IMG_6594


夏のおすすめフルーツ、巨峰の入荷がはじまりました!

ぶどうの品種もたくさんあり、どれも美味しいですが、カクテルにしたときに美味しいな、と個人的におすすめしているのはこちらの巨峰と、もう少ししたらおすすめできる県産シャインマスカット、になります 

巨峰は果皮ごとペストルでつぶし、旨味、甘みの部分をしっかり出した果汁を使います

『巨峰のカクテル』はジンと巨峰、少しのカシスリキュールを合わせてシェイクしたロングカクテル
カシスはブルゴーニュのニュイサンジョルジュでつくられる『アール・ギルマール カシス・プレステージ』をお使いしています エキス分62%、と最高濃度のカシスで、ジャガトではもう随分長い間カシスベースのカクテルにお使いしている個人てこにも大好きなリキュールです

『巨峰のエスプモーソ』はスペインのカヴァ(辛口タイプのスパークリングワイン)と巨峰を半分ずつ

『巨峰のフローズンカクテル』はウォッカベースでおるくりするさっぱりしたカクテル

『巨峰のサファイアマティーニ』は巨峰と相性ばっちりのジン、『ボンベイサファイア』でおつくりするフルーツマティーニです ジンの香り、味わい強めのおすすめカクテルです 

どれも人気のカクテルです お好みでお楽しみください

IMG_6554


今月はタイプ違いのテキーラ3種の飲み比べテイスティングをおすすめしております

透明に仕上げた熟成テキーラ、ヘビーチャーの樽で熟成した樽感の強いテキーラ、長熟エクストラアネホの芳醇で深い味わいを楽しめるテキーラ、の3種です


『Don Julio 70』

ドンフリオ70クリア・アネホ70周年記念ボトルです

透明なテキーラ、と言えばブランコと呼ばれる熟成させてないタイプのものを一般的には想像しますが、こちらはアメリカンオークのバーボン樽で18ヶ月熟成したアネホを丁寧にフィルタリングしてクリアに仕上げているそう ブランコのすっきりした旨味ととアネホのコクを併せ持つユニークなドン・フリオです

創業70周年の記念ボトルだそうで、爽やかな柑橘系のアロマもありますが、熟成からくるバニラ、ハチミツの味わい、樽香も感じます 甘いいい余韻が長く続く、上質なテキーラ

『サウザ オルニートス ブラックバレル』

サウザのリミテッドエディション 『サウザ オルニートス ブラックバレル』です

熟成を3回に分けて行ったとのことでそれぞれ違う樽に詰めて熟成させているようです 計18ケ月の熟成のうち、2回目の熟成にはバーボン樽のように内面を強く焦がしたアメリカンオーク樽を使用したとのこと ヘビーチャーで、樽香やスモークの感じが強く出てるのかも知れません

メーカー資料によると12ヶ月の熟成でベースのアネホテキーラが出来、強くチャーしたアメリカンオーク樽に移し替えることでバーボンのようなキャラメル的な甘い香味が出てき、更に内面をトーストした樽で2ヶ月熟成させスコッチのような複雑な風味が出ているとのこと

『エル グラン コンキスタドール エクストラアネホ』

ジマドール(アガベの育成と収穫にたずさわる職人)が手書きされた印象的なボトルに詰められた5年以上の熟成品です 

蒸留所ナンバーは1488、Cavas Vamer. S.A. DE C.V.という蒸留所で生産されます 

このエルグランは、テキーラにしてはかなり長熟な5年以上の熟成期間を経て、樽香の複雑なバランスの中に上品なフルーツのニュアンス、とろっとした口当たりと、ストレートで飲むと最高の1杯だと思います

こちらの3種同時ティスティング フルショット¥2500 ハーフテイスティング¥1300になります ぜひどうぞ

 

IMG_6550


残り少なくなったウイスキーをご紹介します

『ラガブーリン ハイスピリッツ 1995−2003』

イタリアンボトラーズ ハイスピリッツが2003年にリリースしたシークレットモルト ですが中身はヤングラガブーリン

イタリア人好みの若めの甘い麦芽感と、ヨード、焚き火、はちみつ 味わいはあっさりめの蜂蜜に正露丸  ¥1000

『バーンサイド23年 1990』

99,99%バルヴェニー、0.01%グレンフィディック 『ティースプーンモルト』と言われる契約上、シングルカスクとして蒸留所名を

明らかにしてリリースできないウイスキーのリリースの仕方として一樽に一滴だけ別のウイスキーを入れ、リリースしたものです


通常ボトラーズとしてリリースされることがまずない、『バルヴェニー』と『グレンフィディック』
二つの兄弟蒸留所の原酒からなるモルトウイスキーです 中身は実質『バルヴェニー』のシングルモルト

メロン、グレープフルーツ、レモンキャンディ、シナモン、蜂蜜、バニラ、香木
味:ミルキーバニラ、リンゴの蜜、メロン、蜂蜜、香木、クローヴ、チリ、ミント、ジンジャー

¥1600

お楽しみください 







IMG_6551


香港のクラフトビール醸造所、Gweiloと、ファーイースト(山梨源流醸造所)のコラボビールです

超辛口IPAということです

カスケード・シトラ・モザイク、ネルソンソーヴィン・エルドラド、5種類のホップでつくられています

柑橘・白ぶどう・トロピカルフルーツ・ももなどを思わせるような、複雑なホップアロマが楽しめ、限りなくドライな後口のIPAです

FullSizeRender


面白いチーズが入荷したのでご紹介

『レイシロ』は一見すると目の詰まった円錐状のシェーヴルと勘違いしそうな外見をしています 

スペイン最古のチーズ「アフィエガル・ピトゥ」が元になっており、そのレシピを見直し、最先端の技術を駆使して進化させたのがこのチーズ 無殺菌乳にこだわり、酸凝固タイプのシェーヴルのように、ゆっくりと凝固させてから型に入れ、型から出したあとは、壊さないように丁寧に反転しながら熟成を促していきます 最低でも2ヶ月熟成させたレイシロの外皮は美しく、身はよく締まっていますが、クリーミーさは健在 良質のミルクが感じられ、ヘーゼルナッツやバターの後味のような余韻を残します

赤唐辛子入りはピリッとした爽やかな後味がアクセントになりくせになってしまいそう 地元の人たちはサイダーやスパークリングワインと楽しんでいますが、暑い日本ならビールにもよく合いそうです
(ferumie hpより)

スペイン最古のチーズ「アフィエガル・ピトゥ」のレシピを元に、、、というだけで興味をそそります

スペインらしいミルキーでナッティな食べやすいチーズ、ですが今回入荷したものは赤唐辛子入りですので、通常の『レイシロ』より、よりお酒に合うと思います

その他、トロトロに熟成したエポワスや人気のブリアサヴァラン、色々入荷しています

盛り合わせにてお楽しみください

IMG_6452



残り少ないウイスキーのご紹介

『マッカラン エレガンシア12年1990』です 2002年に免税向けアイテムとしてリリース この1990ヴィンテージがファーストリリースだったと思います この後、最近までのボトルデザインのでもリリースされていたみたいです そちらにはヴィンテージ表記があったのかはわかりません

マッカランの代名詞ともいえるオロロソシェリーカスクでの熟成と、フィノシェリーカスクでの熟成のヴァッティング 通常あまり使われないフィノシェリーカスクでの熟成がすっきり感を味の印象に与えています 

当時、ファインオークが出る前、だったかな?と思います フィノシェリーカスクの熟成、というのは他の蒸留所でもあまり無いつくりだったため、お客様にも良くお勧めしていたボトル 数本買ったうちの最後何杯分かになります 

フィノとオロロソのヴァッティングとはいえ、1990年蒸留の原酒には、現行品よりもパワフルで余韻の長さを感じます 

1990年ヴィンテージ、といっても今からもう30年近く前になるんですね・・・自分も店も年取るわけです 

もう数杯分ですが、興味ある方はぜひどうぞ また、今後もラストストックに近いウイスキーをブログ、メニューなどでご紹介していきますのでよろしくお願いします

¥1000

IMG_3969


初入荷のベルジャンスタウトです!

「ラロガント スタウティッシュ」は、日本人にも受け入れやすい5.5%で、甘みも抑えた「辛口の黒ビール」

原料には5種類の異なる麦芽と、オート麦、3種のホップを使用

大麦を黒くなるまでローストして使うためこのような色になるが、元々スタウトは、日常的に飲むビールの為、度数は高く作らない

アルコールが高いスタウトは、別の呼び名があり、寒冷地ロシアの皇帝に献上するため作られ「インペリアル・スタウト」と呼ばれる

ローストと異なる麦の配合でコーヒーやダークチョコレートのような風味を演出している。通常のスタウトと違い甘くないので、ドライなビールが好きな方には最適

飲み口はローストの苦みが先行しますが、口の中でいつしかホップの苦みに変わっていく
スタウトなのにホップの苦みも楽しめる、面白いスタウトです (インポーター資料より)

IBUも55としっかりホッピーなスタウトで、甘みのあるスタウトやポーターが苦手な方にもおすすめな辛口スタウト ぜひどうぞ


IMG_3967


レッド&ブラウンエール

西フランドル地域の伝統的な醸造方法で醸し出される素晴らしい味わい 甘酸っぱさの有る、赤ワインにも似た味わいの素晴らしい麦酒です

ベルギーのフランダース地方西部で造られる伝統のレッド・ビールの代表格 酸味のあるフルーティーで爽やかな味わい、独特なコクのある風味が特徴

18ヶ月間オーク樽で熟成させる、優しい甘さと酸味の有るワインの様な味わい

ラベルは牛がこの用具を引っぱり畑を耕すのに使用されるものである オーク樽で約一年半熟成させる西フランダース州に伝わる醸造法を使用 これによって生まれる葡萄のような甘みと酸味が交差するバランスのよいレッドビール

レッドビール系は独特の酸味があり、苦手な方もいらっしゃいますが樽熟のコクとシェリーや日本酒の古酒のような旨味のある美味しいエールです 

『クー デ シャルル ブラウン』、初入荷のベルギービールです ぜひどうぞ

IMG_6399


ヤマモモが実家から送られてきましたので、今回はジャムに・・・

IMG_6400


こんな感じで成っているヤマモモ そのまま食べても酸っぱくて美味しいのですが、チーズの盛り合わせの添え物にいいかな、と思いジャムにしました 

IMG_6455



カマンベールなどの白カビチーズ、塩気のあるクリーム系のチーズにも合うと思います お通しでもお出ししますのでよろしくお願いします



このページのトップヘ