BAR jagatkana 

1996年より香川県高松市鍛冶屋町にて変わらないスタイルでご愛顧頂いていますバー ジャガト カーナ 〈JAGAT KANA〉 です 季節のフレッシュフルーツカクテル、店主セレクトによる味わい深いモルトウイスキー、クラフトジンやラム、テキーラ、ベルギービールやクラフトビアなどをご紹介していきます お酒にまつわる話や旅行記、おすすめレコード、たまに猫自慢などもアップしてます 

2011年11月


ベルナベウスタジアムから戻って
酒屋を物色 少し休憩

明日早いんでリミットを12時に決めてソル周辺に飲みに出る


これはグラ

ウナギの稚魚、アングラスのアヒージョはタパの事を調べるとたまに目にするが、めちゃ高価

これはすり身で造ったアングラスもどきのアヒージョ

まあ、練り物の味だけどアヒージョにすると、なんでも酒に合う

グラは確か日本にも輸入されていて、知ってる業者が扱ってた気がするが今も取引されているんだろうか


ミーハーな話ですがトニさんの強い希望でベルナベウスタジアム行ってきました レアルマドリードのホームスタジアムです

ホテルから地下鉄で10分少々


試合とかないと16€で中を見てまわれます

ベンチやピッチに行く通路、ロッカールーム、選手の使うトイレまで見学できます

また歴代のユニやトロフィーとかの展示もあってテンションあがりました

ベンチの写真とかまた後ほどあげます


はしご酒で12軒ほど飲みました 色んなお店があって、やっぱり飲み歩くのは楽しいですね


写真かなりとったんですが、ホテルのWiFi使ってiPhoneからあげるのは限界ありますんで、バル飲み話はブログにあげるのは帰ってからじっくりやります

サンタクルスのバルをぐるぐる

まずホテルでてすぐのバル


バカラオのフリット

フィッシュ&チップスよりも薄い衣 美味しい



中はこんな感じ




次はここ

サングリアとモヒート

モヒートはcaciqueというラムメーカーがサーバーを提供しているらしく酎ハイサーバーの要領で注がれてくる

クラッシュアイスのマシンもこのメーカーが提供してるみたいであちこちのバルでモヒートといえばこれだった 3.5€ぐらい

カウンター脇のケースにあった魚介のサラダ いろんな所でみたけどバルのは大体こんな感じ

具はエビ、カニカマ、貝柱、トマト、ピーマン、タマネギ

ケッパー山盛り
実はオリーブより好きかも、のケッパーでビール 立ち飲み

ヘレスから戻り、また飲みに出ました

何軒かバルまわって、気楽に入れるタブラオかフラメンコギターの聞ける飲み屋を探してふらふら

ホテルで予約できるような有名タブラオは、予約のみできっちりショーになっている完全ツーリスト向けのイメージだったのでなんとなく避けてました

が、いい感じのギターと歌が聴こえてきたので音のなっている方へ行くと、セビージャで一番有名なタブラオ ロスガジョス


思ったよりこじんまりしていい感じ 予約してないけど、と聞くと全然問題ないとのこと 遅いセットのせいか空いていた



疲れてたんで、飽きたら帰ろうと思ってたけど後になるほど見応えある踊り手になって、結局最後まで満喫

cdなんかでよく聴くフラメンコギターや歌と比べると踊りをきっちり見たことがなかったけど、やはり踊り、ギター、歌そろっての魅力は凄いなー、と素直に感動

特に、最後のマダムの踊りは、素人目でも明らかに他の踊り手とはクオリティが違って素晴らしかった ルーマニアなんかのロマの踊りともシンクロして、妖艶で魅力的でした




こちらもルスタウ同様ジャガトで、以前たくさんアイテム揃えていたヴァルデスピノ

ボデガの場所が標識のみで、歩いてみましたが見つからず...

シェラマエストラというボデガ兼レストランが見つかりましたがシェスタで入れず

iで地図もらえなかった結果、迷って迷ってたどりつけませんでした

アルカサルの裏側に出ました 表側にゴンザレスビアスがあります


疲れ果ててなんとか駅へ

往復で買ったチケットの座席指定して18:45発の快速でセビージャへ戻ります

IMG_0393

駅を出てすぐにある謎のオブジェ 目立つのでランドマークに
IMG_0532

休憩したバル
IMG_0531

やはりセビージャよりはシェリー結構置いてる ここはルスタウが多かった
IMG_0534

ビールはmahou
IMG_0536

メニュー

ベネンシアのイラストのバル
IMG_0390

へレス駅横のバル 後で行こうと思ってたら閉ってた

ドメック社の看板もあちこち

ティオペペの名前は至る所で見かけました
IMG_0404


IMG_0405

ここは tio mateo
IMG_0397

通りすがり見つけたボデガ
IMG_0401

街の風景 勝手にしていたアンダルシアのイメージにぴったり
IMG_0435

アルカサル前の広場 観光馬車が走っていた
IMG_0566

ヴァルデスピノ探す途中で見つけたel maestro siera というボデガ タブラオレストランもやってるらしい

事前予約しか訪問できないと聞いていたけど、駄目もとでエミリオルスタウのボデガへ
写真だけでも撮りたいと思って聞いたけど外からだけと言われた

似た感じで外から写真撮る人も何人かいた
ここは掃除中でスタッフがいた


フィノ、オロロソ、ペールクリーム、スイートオロロソ 4種たっぷりでてきたんで、がっつり飲むことに

セットのハムとマンチェゴでは物足りず

またイワシとテールの煮込みも追加注文

飲み満喫して、ショップへ

このゴンザレスビアスのボデガに関しては、帰ってしっかり書きます


著名人のサイン入りカスクが展示してあって、ビジターの国籍に合わせて効きのいいのを教えてくれる

日本人には現皇太子のサイン

で、だれでも知ってるアイルトンセナ

個人的にテンション上がったのは、これ
パコデルシア


フィノに不可欠なフロールの膜


カスクがいっぱい積んでます 日本酒の蔵と似た醸造されたアルコールの匂いが充満してます


アンダルシアの町につきもののアルカサル、カテドラル、その脇にゴンザレスビアスのボデガがあります

見学とテイスティングを申し込みました

こんなのに僕ら2人とドイツ人3人乗ってまずは広いボデガをぐるぐる



地図をもらって、ボデガの情報聞こうとiを探して広場へ

iが移転&シェスタ中で全く情報入らず


アバウトな矢印頼りに進んで見ることに


ポロネギみたいな野菜と何かを露店で売ってます

何だろう?と近づいてみると...


山盛りのカタツムリ、でした

茹でたりして屋台で売ってるのでなく、生きたままのは初めて見ました


タイルがきれいなヘレスデラフロンテーラ駅

レンフェ快速で1時間ほど

昨日飲み過ぎで昼前にやっとセビージャ駅へ


セビージャの繁華街、サンタクルスは古い街並みのままなので、細い路地、一本道が縦横斜めに入り乱れてます ヴェネチアやブルージュもこんな感じでしたね

雰囲気はめちゃいいんですが、散策してるとまず迷う!

今日もバル飲み歩きと思って、ホテル出てからどんどん袋小路へ

迷った先で飲み、迷った先で飲み、結局8軒ハシゴしながら帰ってきました
酔っぱらった!

このあたりのことはまたまとめます


細い舗道には、オレンジの木が並んで植えられ、実がたくさん実ってました


ロルカの詩に出て来るオレンジのイメージがなんとなくわかったような、、、

no title

アトーチャ駅からAVEに乗って2時間半、セビージャへ向かいます

席も広くて快適、Web予約で片道30ユーロでした すぐ隣が食堂車両だったので小一時間はそこでビールやワイン飲みながら過ごしました

ワインはリオハのもの シェリーはありませんでした
IMG_0265


一面オリーブ畑です
IMG_0261


散歩しながら十分ほどでプラド美術館へ 知らなかったが、ラッキーなことに今日から企画展でエルミタージュ展がスタートらしくこっちにも結構時間つかいました
時間ないんではや回りしながら見たいとこだけばっちりいけました

逆光、ベラスケスの像 ベラスケスは犬を描くのが上手くて好きです

ソフィアのあと、ホテルそばバルで大好きないわしの酢漬、オリーブとビール ままかりと同じでビールに合う大好物

ちょこちょこ食べてたんで晩ご飯はこれだけ

明日早いんでもうちょっと呑んで寝ました

ホテルの真裏が ゲルニカを展示しているいるソフィア王妃芸術センター、というのもここを予約した理由です 19時以降入館無料ということでさっき行ってきました

荘厳な建物に無理矢理くっつけたスケルトンのエレベーター、かっこいいです

ゲルニカ以外に何が展示しているのか知らずに行きましたが、スペインの近現代美術のアーティストはかなり充実してましたよ


バルセロナのイメージのミロもたくさん作品ありました
ゲルニカその他ピカソの作品は撮影禁止ですが他の人の作品はかなり近づけて見れ、写真も撮れました

ロルカの絵やブニュエルの映像、マンレイの写真などもあり、盛り沢山で満喫しました

もちろんゲルニカの存在感とできあがるまでのたくさんの素描には、一番圧倒されました

高松出て30時間以上かかりましたが、やっととりあえずマドリード着きました

明日は早くにave乗ってセビリア行くんで、アトーチャ駅近くにホテルを取りましたが、駅周辺、治安悪いと昔から言われてますんで、さっき駅を下見に行ってきました

植物園みたいになってますが駅構内

aveの乗り口もわかったんで、駅ど真ん中にあったワインバーで休憩しました






関空から13時間かかってやっとトランジットのトルコ アタテュルク空港に着きました 朝6時着で次フライトは12時なのでかなり暇です

空港は朝7時ごろでもかなりの人 トランジットエリアのショップもほぼオープンしてました

フリーのwifiスポット(ttnet)が見つかったんですが、登録してsmsに送られてくるidやパスワードを入力するシステムなんですが、ややこしいログイン画面で中々ログイン出来ませんでした

この待ち時間で調べごとする予定だったんで焦りましたがなんとかログイン で、とりあえずブログ書いてみました

お知らせです

11/07から11/14まで、営業をお休みさせていただきます


多くのお客様が御存じだと思いますが、
ジャガトカーナではお店で提供してますお酒を作っている現場を見たり、そのお酒の故郷の空気、飲み屋さんの雰囲気なんかを味わいたいと思って、たまーに休みを頂いて旅行してます

今回はマドリードを経由してアンダルシアのセビリア、最終目的地はシェリーの生産地、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラでボデガを見てくる、という感じで駆け足で行ってくる予定です 

またトルコ航空で行くので、トランジットのイスタンブールでも少し滞在しようと思います アンダルシア、イスタンブールともにキリスト教(ローマ帝国)とイスラムの文化の融合した個人的に興味津々の場所なので、楽しみにしています 最近ビザンツの文化にも興味があるのでざっとですが色々見てきたいと思っています

wifi使えるホテルを予約しましたので、今回も前回のメキシコ同様ブログをアップして行こうと思いますので、思い出したらチェックしてみてください 

また、御予約の御問合せ、御用件なども jagatkana@gmail.com  までmail頂ければチェックしてお返事させて頂きますのでよろしくお願いします



このページのトップヘ