DSCF3208

ランスのカフェでもご当地ウイスキーとしてリストオンしていたシャンパーニュのシングルモルトです テイスティングができると書かれた酒屋さんの看板をみつけて入ってみました

名前だけは知っていたのですが、飲んだことがなかった蒸留所です シャンパーニュでシングルモルト?わざわざつくらなくても・・・とは思いましたが変わり種好きなもので買ってしまいました 

パンフレットによると、 1997年創業で ランス近郊のルーヴォワで操業中らしいです 蒸留器が非常に変わった形のものが2基写っています マールなどの蒸留につかうタイプなのでしょうか?
いくつかラインナップがあり、ブレンデッドからシングルモルトまで置いてましたが折角なので一番熟成されてそうな高いのにしました ボトルは洗練されたかっこいいものになってます 味わいは・・・まあ若さが目立つ感じでしたが、樽の影響でしょうか?非常に独特の香りがしました マールのような香りもあり紅茶っぽい?感じもあります マールかコニャックかの空き樽にでもつめたのでしょうか?飲み込んだあとにはタンニンも非常に感じます フレンチオークカスクのモルトから感じるものと似た雰囲気ですね 不思議なニュアンスがたくさんありますので、面白がっていただける方にぜひおすすめしたいですね
ちなみにJAGATにはフレンチシングルモルトがもう1種ありまして、ブルターニュのアーモリックというのがそれです
せっかくなんで、こちらのシャンパーニュのシングルモルト GUILLONをオーダーいただいた方にはアーモリックの無料テイスティングのサービスをします 飲み比べてみてくださいね で、申し訳ないですが無料テイスティングはこちらが出し忘れているようでしたらお客様のほうから申し出てください 忘れることが多々ありますので