2009_02040036
DSCF3423










昨年、ボトルデザインが変わり、おそらく味わいにも変化がでているであろうと思われた 新ダルモア12年をやっと入荷させました
ダルモアは北ハイランドに位置する蒸留所で、シェリー樽との相性が良いモルトウイスキーです ホワイト&マッカイのメイン原酒になります
為替の関係で、値段が高騰していたことと、あまり入荷してない状態だったので購入を控えていましたが、旧ボトルと同じ水準まで下がりましたので購入いたしました

そこで!現在も流通している1世代前のダルモア12年、ニューリリースのダルモア12年に加えて、3世代前のトールボトル12年を蔵出しします!こちらは、かなり前に(終売後)酒屋さんで見つけ、ストックルームに置いていたものです  せっかくなので3世代テイスティングなどいかかでしょうか?

トールボトルのダルモアはジャガトカーナをオープンした頃、個人的にも愛飲していたボトルです  最近のよりも、色調も濃く、よりスモーキーでシェリー樽の要素が強く表れたおいしいウイスキーだったと記憶しています 終売になって10年ほどたつと思いますが、ネットオークションでもいい値段で落札されるのを時々みかけますね こないだWHISKYEXCHANGEのサイトでは£100(約¥15000)でした 

ハーフショット3杯で \1200 ,フルショット3杯で \2400  で、いかがですか?結構安めの設定です またトールボトルは今現在はちょっとしたレア品なので、お得感のあるテイスティングセットだと思いますよ 

テイスティングではなく、単品で飲まれる場合、トールボトル¥1200、その他¥800になります

また、ご希望のかたには セットにプラスということで数年前からリリースされている ダルモアブラックアイル12年をハーフ¥400 フル¥800でお出しします こちらはシェリーの要素が強めのヴァージョンです 以前出ていたシガーモルトに近い感じですかね 

ちなみに香りを比べてみたのですが、トールボトルにはやはりスモークの感じが強めに感じられ、ひとつ前のものは麦芽の香りと軽いシェリー、新ボトルからはマーマレードやスパイスラムのような甘い香りを感じました
同じ12年ながら、かなりの違いがありますので、このテイスティング楽しめると思いますよ