DSCF5860


バーボンカスクのマッカランをご紹介します 

マッカランといえば、オロロソシェリーによるリッチな味わいが特徴で、蒸留所もシェリー熟成に拘っていることで知られています 

現在はファインオークという、シェリー樽のものとバーボン樽のヴァッティングのものがリリースされていますが、オフィシャルとしては一般的にシェリー樽の要素の強いお酒というのが、マッカランに対するイメージだと思います

ボトラーズからは、以前よりバーボンカスクによる熟成のものが割とリリースされていて特別珍しい訳ではないのですが、改めて飲んでみるとフレーバーの違いをはっきり感じることができますね

こちらのスコッツセレクションというボトラーズは、ずいぶん前から”銘酒事典”などでもボトラーズブランドとして掲載されているところですが、以外と物を見かけることが少ないです 北米向けの出荷がメインと聞いたこともありますが、どうなんでしょう

このボトルは結構前に購入したもので出番待ちでしたが、マッカランのボトラーズもので開いていたボトルが無くなったので持ってきました

1986年蒸留、2004年ボトリングです きれいな金色で飲む意欲を非常にそそります 麦芽のすっきり甘い香り、舌に残るスモーキーなフレーバーがいい感じですね 

マッカランがフルボディでリッチな高いポテンシャルを持った蒸留所だということが、シェリーに頼ったものだけで無いことがよくわかるウイスキーだと思います              ¥1200

*バーボンカスクのマッカランといえば、ハートブラザーズ マッカラン25年1972−1997も在庫あります
興味ある方はお試しください