IMG_4254


大好きな動物写真家、岩合光昭さんの写真展「ねこ」が、高松三越で開催されていたので行ってきました

岩合さんの写真を知ったのは、僕らがネコを飼いだした頃、14,5年前でしょうか?当時「SINRA」という雑誌に連載されていた「ニッポンの猫」というコーナーでした なんともいえないいい顔のねこ写真にはまり、その後も岩合さんの写真は結構まめにチェックしてました  

僕自身、飼っているネコや野良猫、散歩してる猫なんかを写真に撮ったりするのですが、なかなか難しいんですよね 自分ちのネコはまだしも、知らない猫の警戒心というのはなかなかすごくて、まずカメラを向ける間に逃げられることがほとんど・・・うちのネコでも、いい表情!と思ってもあせってカメラがぶれたり、いざ準備万端となっても、猫のほうが興味を無くしてどっかいったりとか・・・

岩合さんの写真を見て思うのは、まるで友達や家族を撮ったかのような自然な雰囲気でねこのいい表情を捉えているなー、ということ 見ていると「あー、うちのもこんな表情するときあるなー」と思ったりすることもありますが、なんで初めて会う人の、しかもカメラを向けた人の前でこんな表情やポーズをするんだろう?と不思議になります   

写真展ですが、初めてみる作品も多く、また日本のネコ以外にもモロッコやスペイン、イタリアなどの路地ネコや飼い猫の写真もいっぱいあって楽しかったです また、岩合さんの飼い猫である海ちゃんの写真からは、いつもの写真とは少し違う主観的な愛情が感じられ、(僕らの撮るスナップ写真のそれのような)が感じられ、それもすごく興味深かったですね 

僕はカメラ目線で真面目顔のぶさいくネコの写真が大好きなので、今日もそういうのをたくさん見つけて満足しました 

ちなみに今日のいちおしはこの写真(買ったポストカードです)です
IMG_4196


ちなみにこの写真展、自分ちの猫写真を持っていくと会場脇のコーナーに貼ってくれて、しかも写真展の入場券も頂けます 自分ちの猫写真のギャラで入場できたような感じでいい気分ですよ 僕らも当然持って行きましたので、2枚、うちのネコも三越にいます 9月19日の祝日までやってるそうなので、身近に猫のいる方は是非写真持参で行ってみてください