写真 12-06-22 0 38 10


6月には入荷していたのですがご案内遅れました・・・

国内モルトウイスキーの中でも高い人気の山崎、白州蒸留所からビンテージ表記無しの新しいラインナップがリリースされました エントリーモデルという位置づけになるんでしょうか、値段的にもリーズナブルですね

お酒の説明の前に・・・

山崎、白州ともに個人的にもかなり思い入れのある蒸留所なんで、お出しする際そういったお話をさせて頂くこともありますが、ブログに書いたこと無かったのでこの機会に書いてみます

まず、山崎・・・

僕の通っていた幼稚園は「山崎幼稚園」といいまして、山崎蒸留所のすぐ麓にあるんです JRの山崎駅のすぐそばにあります  

住んでいた高槻からバスに乗って2,30分でしょうか、毎日通っていました よく幼稚園の先生から、「あそこ(山崎の蒸留所)で、美味しいお酒をつくってるんだよ、大人になったらきれーなおねーさんがいるお店で飲んでごらん」なんて、言われていたのを思い出します  

また、幼稚園でお水を飲む時に「このあたりの水はホントに美味しい水なんだよ」ともよく言われてました 今思えば山崎の仕込み水と同じものだったんでしょうか?ということで、勝手に「僕の体のほんの少しは山崎の仕込み水で出来ている」と思ってます なので、山崎を飲むときはなんとなく幼稚園の頃の事を思い出したりしながら飲んだりしてますね

そして、白州 こちらは一度訪ねたことがあるだけなのですが、操業した年が僕の生まれ年1973年なんです

今回発売された白州はノンビンテージですが、肩に創業年の数字「1973」が大きく描かれていて、なんとなく愛着が湧きます 

写真 12-06-13 20 35 59


まず山崎 構成としては「ワイン樽で熟成されたモルト」がメインになっているようです また山崎と言えば、の「ミズナラ樽熟成のモルト」など複数の原酒とヴァッティングされているそうで、山崎らしい甘さと香りの華やかさがよくわかる仕上がりになっています

写真 12-06-13 20 36 35


白州は 軽めにピートで焚かれたモルトを中心に、さまざまな原酒がヴァッティングされているようで、こちらはフレッシュで、爽やかなキレの良い味わい、森の香りと表現される白州らしいみずみずしさが味わえる仕上がりになっています

どちらも、値段的に言っても若めの原酒が多いのでしょうがヴァッティングの妙味で、しっかりとハウススタイルを味わえるいいモルトウイスキーだと思います ストレートでも、ハイボールでも美味しく飲めそうです 是非お試しください 

また9月中はブログ見て頂いた方には両方飲み比べで2杯で¥1000(1杯あたり¥500)、どちらかだけですと¥600でサーブさせて頂きます お二人で一杯づつでも両方一杯ずつでしたら¥1000でお出ししますので是非飲み比べてみてください  通常は¥800になります