画像4


グレングラント2とも呼ばれたグレングラントの兄弟蒸留所キャパドニック、2002年に閉鎖されています

かなりメジャーな印象のあるグラントに較べあまり馴染みの無い蒸留所で、ボトラーズからも10〜15年前などそうたくさんはリリースが無かった印象がありますが、これはシーバス社が他にストックが流れないよう管理してきたからだそう 近年は60年代〜70年代の長熟ものがダンカンテーラーのピアレスをはじめ、様々なボトラーズからリリースされてきました 

今回モリソン&マッカイの『ワールドワンダーズ』というシリーズで面白そうなキャパドニックがリリースされましたのでご紹介します  

元モリソン・ボウモアの取締役のブライアン・モリソンと、スコティッシュ・リキュール・センターのマネージングディレクターで「キーパー・オブ・ザ・クエイク」の称号を持つケニー・マッカイが設立したボトラーズ、モリソン&マッカイがプレミアムレンジということでリリースしているらしい『ワールドワンダーズ』

1つ以外は現存しない古代の建造物7つをラベルのモチーフにしたなかなかコレクション心をそそるアイテムです
 残念ながらジャガトではコンプリートする予定はないのですが今回リリースのこの『キャパドニック』と『アベラワー』は入荷しました 

ちなみに画像のようにこの『キャパドニック』のラベルはギザのピラミッドですね 現存するものの謎だらけの正に「ワールドワンダーオブワールドワンダーズ」です 僕もこの辺りの話は大好きでテレビの特集で「ピラミッドで新発見!」なんてやってると必ずチェックします 最近読んだムックでも3つの並びがオリオン座の3つ星と・・・なんて書いてて興味深かったです

以下はインポーター資料によるテイスティングノート

『香りは黄桃、マリーゴールド、チョコブラウニー、タンポポコーヒー、バニラ 甘さと酸味が心地よいバランス

味はバニラキャラメル、ヌテラをぬったウエハース、バナナ、レモンを絞った黄桃

バニラクリームと黄色果実の長い余韻が圧巻 重厚ではありませんが、複雑で満足感の得られる素晴らしいモルトです』

ラベルも勿論、キャパドニックの長め熟成の味わいも非常に面白いものですので是非お試しください  ¥1500