画像1



ゲントにあります、フルート醸造所のビールが入荷しました 日本初輸入ということ

なんとホップを使わず作られたかつてのビールの復刻版ということ

輸入元資料によると・・・

この醸造所の特徴は、なんといってもホップを使わず、Gruut(フルート/グルート)と呼ばれるスパイスとハーブを多数使っている事

中世より以前、ビールはそもそもホップを使わずスパイスを入れていました ホップでさえもGruutの1部だったそうです。やがて、ホップの爽やかさや防腐効果が認識され、現在のように主流になっていきます

が、フルート醸造所の女性醸造家アニックさんはこの昔ながらのビールを復活させようと何度も失敗を重ね、研究し、2009年に念願の醸造所をオープンしました

昔ながらの伝統と最新の技術を調和させ、グルートビールを復刻させたのです 非常に小さい醸造所(ブリュワリーパブ)ですが、情熱を感じます

ベルギービールラバーの皆さんの興味をそそる一本じゃないでしょうか?

色合いは濁りのあるゴールド

香りはハチミツ、パイナップルの強い甘み

ボディはミディアムですがしっかりとした味わい そして程よいコク
全体に蜂蜜の香りを強く感じます グルートに使われているスパイスが具体的に何か判りませんが、ホップとは違う苦みを感じることが出来ます

普段、IPAなどホップの魅力前回のビールがお好きな方にも歴史の一つとしてのこのビール、一度お試し頂きたいと思います ぜひどうぞ