画像2


前回ご紹介の山羊乳2種 『モンテエネブロ』『ハードゴート』

に続き、山羊乳100%の青カビ『ブルー ド シェーブル ロドルフムニエ熟成』の御紹介

「ブルーチーズの宝庫オーヴェルニュ地方の中でも珍しい、山羊乳100%のブルーチーズです 『ロックフォール』のように組織がもろくやわらかいで、青カビが美しく全体に広がっています 山羊乳の濃厚なコクと旨味に加え、青カビのピリッとした風味はブルーチーズ好きにはたまりません 水分を保ちながら、なめらかに熟成させる‘MOF(フランス国家最高職人章)熟成士・ロドルフ・ル・ムニエ’の手腕が光る逸品は、ソーテルヌやモンバジャックなどの甘口ワインが似合います」(フェルミエhpより)

山羊乳独特の香り、しっとりとした口当たり、そしてはっきりとした青カビの刺激と正に素晴らしい仕上がり

熟成士・ロドルフ・ル・ムニエのチーズはこれまで何度も仕入れてきましたが、これも本当に美味しい!ジャガトで合わせるならソーテルヌフィニッシュの『グレンモーレンジ ネクタードール』や素晴らしいラタフィア『アンリジロー ラタフィア・ド・シャンパーニュ』などと如何でしょうか?

チーズの盛り合わせAまたはC、または単品、またはシェーブル盛り合わせにてサーブさせて頂きます 盛り合わせの中にご希望の場合は一言添えて頂いた方が確実にサーブできますのでよろしくお願いします