画像1


初入荷のシェーブル、『トリコーンヌ』の御紹介

フランス、 ポワトー・シャラント圏でつくられる山羊乳のチーズで、名前の由来は17〜18世紀の頃貴族がかぶっていた三角形の帽子、『トリコーン』に由来するそう

確かにその頃のヨーロッパの貴族や王族の肖像画、特に馬に乗ってのものなどで三角形の帽子、かぶってるの結構記憶にありますよね 検索したらルイ14世やワシントン、ピョートル大帝などの肖像画が出てきました

こちらのチーズ、自然のカビをとても大切にするなど、一番良い状態を保って天然の熟成庫にてゆっくり熟成、酸味がおだやかで、コクのあるシェーヴルです 盛り合わせA,またはCでどうぞ