画像1



入荷してきたフロマージュ2種ご紹介

まずは熟成したトム(山のチーズの総称)を葡萄の搾りかすに密閉して漬け込み、バケツに入って届けられる『トム・オ・マール』

先日ご紹介の『エポワス グランアフィネ』とは違い、マール(葡萄の搾りかすからつくるブランデー)で洗ったものではなく、「マール」とはワインの発酵中に上面に浮いてくる「果帽」と呼ばれる種や果梗、果皮などのいわゆる絞り粕
のこと 熟成した「トム」をこの絞り粕「マール」に漬け込んだまま密閉して熟成させたものです

表面の搾りかすごと召し上がっていただけます 奈良漬を思わせような濃厚な香りとねっとりとした口当たり、複雑な味わいのチーズ しっかりとつくられたお酒に合わせてお召し上がりください

マールやグラッパ、コニャックなど葡萄由来のハードリカー、もちろんモルトウイスキー、ラムにも合いますよ

画像2

こちらは非常に熟成が難しいといわれる「ブリ・ド・ムラン」のコンクールでも金賞を受賞した熟成のスペシャリスト、ジャン・クロード・ロワゾー氏が手がけた逸品 「ブリ・ド・モントロー」というチーズに黒胡椒を加え、時間と手間を惜しまず、さらに追熟させました 胡椒のアクセントは、熟れて丸みを帯びるような融合感をあたえます 長期熟成の重厚な赤ワインが、その濃厚な味わいにぴったりです

(フェルミエさんHP参考にさせて頂きました)