画像3



『エドラダワー カスク1996』の在庫が無くなり、別のタイプのオフィシャルエドラダワーを仕入れようかと思ったんですがこちらのシェリーカスクの樽出しタイプ、個人的にもまたお客様にもお好きな方が多いのでヴィンテージ変更のみで同タイプのものを仕入れました

画像4


1999年6月22日蒸留、2013年2月4日ボトリング カスクno.291 787本のアウトターン、58,9%

シェリーカスクとハイランドモルトの相性の良さが良く出ていると思います 甘さ、オイリー、フィニッシュはスパイシーでハーブのような香りの残る仕上がり 

『エドラダワー蒸留所』の説明は上記、過去記事『エドラダワー カスク1996』に掲載しています

また、蒸留所を訪ねた時の事はこちら、2000年スコットランド蒸留所巡り覚書 VOL.5 ”ピトロッホリー、ブレアアソール”などご覧ください

¥1400