2014-05-21-23-47-25


北海道産のチーズ、美味しそうなのが数種、届きました

今回ご紹介の2種は日本ならではのチーズではないでしょうか?個性的、ですが非常にクオリティの高いチーズです
 

まずは共働学舎の白カビチーズ 『笹ゆき』です

十勝新得町の共働学舎のチーズ、ジャガトではハード系のものを扱うことが多いのですが今回は個性的な白カビ 熊笹が巻かれたなんとなく涼しげなチーズです 笹の爽やかな香りがふわっと心地いいですね 
2014-05-21-16-45-51


北海道に多く自生する熊笹の葉を粉末にし、混ぜ込んだ“笹塩”と言う特別な塩を使ってつくられているそう 更に仕上げにその熊笹を巻いています なので、巻いた笹の葉からだけでなく仕込みの塩からもしっかりと笹の風味が広がります 

共働学舎はチーズ作りに最も適している乳を出すと言われるスイス原産のブラウンスイス牛を、柵のない牛舎と牧場でストレスなく育てています 機械をなるべく使わず手作りを基本としたチーズ作りを行っています

2014-05-21-23-45-50


こちらもかなりの変り種 梅酒で洗って熟成させた『ウメ』

小栗牧場・チーズ工房小栗でつくられます こちらは二海郡八雲町という場所にあるらしく、函館から北に車で2時間ほどのところにあるそう 完全放牧で育つ乳牛から牛乳、チーズなどがつくられています 
2014-05-21-16-46-11


自家製梅酒を使ってウォッシュされたこちらの『ウメ』、3ヶ月ほどの熟成を経て出荷されます
優しい梅酒の香りがほんのり香る、可愛らしいウォッシュチーズ 塩気もあり、まろやかで口当たりも心地いいです 梅酒にはもちろん、白ワイン、ホワイトスピリッツとの相性もよさそう

ヨーロッパ伝統のチーズ作りに日本ならではのアレンジを加えたこれらのチーズ  これからもこういった楽しくて美味しくて新しい国産チーズがたくさんつくられるといいですね 

どちらもチーズの盛り合わせ各種に入れることが可能です が、特にご希望の際は必ず『ブログのチーズ』を入れるように申しつけください ジャガトカーナでは様々なチーズの中からドリンクなどに合わせて同日内でもお客さま毎に盛り合わせの内容を変えております 申しつけの無い場合は、こちらのチーズ以外からのセレクションになる場合もありますので、お試しのご希望の際は一言お願いします