2014-11-19-21-34-30


人気のボウモア ダイナソーシリーズ、もう第六弾になりました ジャガトカーナでは1stリリースの『ボウモア “ダイナソー・シリーズ” 1999 12年』以来、久しぶりに入荷です

今回は1996年蒸留 18年熟成のミドルエイジ 
 
2014-11-19-21-34-17


「ラベルに描かれた恐竜「プロターケオプテリクス」は、体長約1mで骨格の特徴が始祖鳥によく似ていて羽毛を持つために原始祖鳥と名づけられ、恐竜の中では鳥類と深い系統関係を持っています

香りはヨード、スモーク、バニラとグレープフルーツ 味はモルティで煙っぽさと潮、奥から甘く、熟した洋梨、グレープフルーツ フィニッシュはホットでスパイシー、クローブ(丁子)、長くて太い」インポーター資料より

このダイナソーシリーズ、ボウモアのみのシリーズかと思っていましたが、コンセプトとしては良質のヤングエイジのアイラモルトをボトリングする、ということらしいです 

ただし、これまでのリリースは全てボウモア蒸留所 他のアイラモルトでコンセプトに合致した良質な樽が中々無い、とのことです いつか、他の蒸留所のものも出るんでしょうか?楽しみですが、もうこのシリーズはボウモアのイメージも強いし、ボウモア限定のシリーズにしてもいいんじゃないかな?とも思いました 

またヤングエイジのものを、ということで12年や10年熟成のものなどリリースされていましたが今回18年、以前も17年が出てましたので、それほど若いものばかり、という印象ではありませんね 

57.1%、252本のアウトターン、今回も即完売のようで、うちもタイミング良かったので購入できましたが、最近は人気のボトラーや蒸留所のものは売り切れめちゃくちゃ早いですね また世界的にもモルトウイスキーは高騰してますので値段も正直割高感を感じることも多いんですが、面白そうで買えるものは買っていこうかな、と思っています

個人的にはジャガトカーナ開業の年、1996年の蒸留、店の歴史と同じ18年熟成ということで思い入れも若干強め 試飲まだですが、ゆっくり味わってみたいと思います

¥1700