2015-09-25-00-55-34


ベルギー ローマン醸造所のストロングダークエールです

ボトルに描かれているのはエドリアンブラウワーという、17世紀にフランドル地方で活躍した有名な画家で、ルーベンスやレンブラントも彼の作品を愛し、所有していたそうです 

聞きなじみの無い名前ですがルーベンスや・・・ということで気になって調べてみました 日本語のウィキではアドリアーン・ブラウエルとして載っています

画像検索してみると酒場や盛り場を描いた作品も多く、当時のベルギー庶民を表情豊かに描いています 

peasants_brawling_in_a_tavern

『Peasants Brawling in a Tavern』

酒場での酔っ払いのいざこざやカードゲームをする男達の表情、とても興味深いです peasants、というのは小作農のことだそうで、貧しく生活に疲れた感のある人物を描いた作品が多いです 居酒屋で過ごすことが多かったといわれ、32歳で夭折しています お酒やギャンブルなど、より人間の本能がストレートに出る場所での表情に惹かれたのでしょうか

peasants_brawling_over_cards_300px

『Peasants Brawling over Cards』

知らない画家だったのですが、テーマが酒場など身近なこと、場面も少し陰鬱などんよりとした空気の日常、といった感じで非常に興味をそそられました 実際の作品も見てみたいな、と思いました 
 
ビールの話に戻りますが 色合いはかなり濃いブラウン イメージどおり、ロースト麦芽の香り、キャラメルやいちじくのドライフルーツのようなコクのある甘さを感じます ビールのカラーリングも暗い表情のこの画家の作品に合ってる様に感じたのは考えすぎでしょうか?

寒くなりはじめたこの時期にとてもいいビールだと思います ぜひどうぞ