2015-12-24-00-04-57


ベルギー修道院ビールの中で一番古いルーツを持つと言われているビール『アフリゲム』です

現在はハイネケングループの一員のため、入手しやすく高品質なビールとなっています

以下はメーカーサイトより

『アフリゲムの起源は、戦争で傷つき生き残った6人の騎士達が、ゲントのサンピエトロ寺院の司祭の教えにより修道士になったのが始まりです 彼らは故郷のアフリゲム村に戻り、1074年に念願であった修道院の建設を始めました その設立当初からのビール醸造の伝統を受け継ぎ、アフリゲムはトラピストビールも含め、現存するベルギーの修道院ビールの中で最も歴史のあるビールです』

とのこと ベルギーでは飲まなかった、というか見かけた記憶も無いのですが、5年ほど前にパリのカフェでドラフトを置いてる店が何件かあって飲んだ記憶があります ハイネケングループということでマーケティングも積極的なんでしょうか?  ここ数年もシェアがどんどんのびているそう 大手グループの傘下ということで今後メジャー銘柄に日本でもなっていくかもしれませんね

1074年にビールの醸造が行われていたのが間違えでないのなら、1000年ほど前の話になります もちろん現在のアフリゲムとは味もつくりも違うでしょうが、すごい歴史ですね

味わいは上質なブロンドエール トロピカルフルーツやバナナっぽさのあるフレーバーと麦芽感、飲みやすくエールになれてない方にもおすすめできる仕上がりです