IMG_6712



ブラックインペリアルIPA、という聞くだけで飲みごたえありそうなビールが入荷しました

Troubadour は 11‐13 世紀ごろ主にフランス南部で活躍した叙情詩人のことです

Westkustとは英語で言うウエストコースト、西海岸のこと 何世紀もの間ホップの栽培が伝統としてあったフラマン地方の西海岸に由来し、ポペリンへ産のホップを100%使用しています

ただ、西海岸でトルバドール、というと僕なんかは60年代、70年代のミュージシャンの話に度々登場する伝説のライブハウス、トルバドール、を思い出します

ボブ・ディランがトルバドールのスタッフとしたセッションがきっかけでロック路線へと転向したとか・・・ジョニ・ミッチェル、ニール・ヤング、ジャニス・ジョップリンなどが常連客で、イーグルスのドン・ヘンリーとグレン・フライが出会った店だとか エルトン・ジョンのアメリカデビューの店だとか・・・数々のロックの伝説に登場するライブハウスです 

イーグルスの「Sad Cafe」はこのお店の事を歌っているそうで、リンダ・ロンスタットはこの店のウェイトレスだったとか言う話もあります



ベルギービールにはジョークやダブルミーニング、隠喩などが込められたネーミングが結構ありますが『トルバドール ウェストクスト』、西海岸のトルバドールというネーミングもベルギーらしいダブルミーニング、というか絶対アメリカ西海岸のライブハウス、トルバドールの意味合いもあるんじゃないかと思っています

こちらの『トルバドール ウェストクスト』、フランダースの有名な醸造学校で知り合った4人の若手醸造者によって卒業と同時にゲントのセント・ルーベンにつくられたムスケテール醸造所で作られているそうです

味わいは芳醇でフルボディ 強い苦味に、チョコレートやコーヒーのようなローストモルトのコクとホップの香り高い魅力が十分に詰まった飲みごたえしっかりの素晴らしいベルギーエールです

ぜひどうぞ