IMG_0085


ベルギー、エノー州のデュブイソン醸造所で造られている12%の高アルコールのアンバーエール 2012年に輸出販売用名称の『スカルディス』から現地名称の『ブッシュ』に復活となり国内外統一の銘柄に戻りました ブルワリー名の「デュブイソン」(「薮、茂み」という意味)を英訳した「ブッシュ」という銘柄を中心に醸造していましたが、アメリカでバドワイザーを出している大手、アンハイザー・ブッシュ社との問題があり、輸出される多くの国で「スカルディス」という名前への変更を余儀なくされました 

アメリカは商標登録とか厳しいですよね バンド名とかでもXがX JAPAN表記に変更したのも商標の問題で、僕も高校の頃に少し聞いてたLAパンク系統にXというバンドがいたので、それでバンド名の変更になったと思います

『ブッシュ12』はカラメルモルトを使ったアンバーカラーで濃厚な甘味が特徴 高アルコールですが寒い時期にぴったりの柔らかい飲み口で芳醇な香りが楽しめる美味しいビールです スパイス感と苦みもモルトの甘みのなかにしっかり存在していますので、飲み飽きないと思います おすすめです